経営学Ⅰ 〆713

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数234
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    経営学Ⅰ           
      雇用をめぐる日本企業の状態について
      日本の雇用形態
    戦後における驚異的な経済成長を担った日本企業に特徴的な雇用慣行として、長期安定雇用(終身雇用),年功制(年功賃金・昇進),新規学卒者の定期一括採用などがあった。
    (1)長期安定雇用(終身雇用) 
    これは日本的経営の特徴の一つとしてよくあげられるもので、正確に言うと「終身」の雇用ではなく、定年になるまで長期的・安定的に雇用関係が継続する雇用慣行である。これにはいろいろとメリットがあり
    ・収入が安定することで社員のモチベーションを一定以上に保つことができる。・会社に対する社員の帰属意識が高まり、他部門で発生した問題も自分の問題として考えるようになる。
    ・先輩から後輩へ社風(思想・伝統等)の継承が行われるため、企業文化の維持発展が容易になる。・社員の成長を長い目で考えられるようになり、人を育てるという気風が生まれる。・社員に仕事を通じて社会に貢献するんだという考え方が根付くようになる。・雇用の安定により所得格差の問題が少なくなる。
    など、長期雇用には一定の経済合理性があり、統計的にも広く認められる現象..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。