京の仏像 人気順 世上感想と薀蓄

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数244
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本文化仏教

    代表キーワード

    京の仏像

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    京都の仏像 人気順 世上の感想とちょっと薀蓄を
    順位 項目 コメント 製作時代 通称名 指定 像の材質と特徴 仏像のあらまし説明
    1位 広隆寺・霊宝殿・弥勒菩薩半跏思惟像 ♪あのお姿にかなうものはありません。美しすぎる! 大陸より6世紀から7世紀の渡来仏? 宝冠弥勒 国宝 赤松材の一木造・漆箔 像高約123cm、通称:蜂岡寺、太秦の太子堂、秦公寺。秦氏が聖徳太子から譲り受けたものとされ、聖徳太子ゆかりの寺院。右手を頬に軽く当て、思索のポーズを示す弥勒像 霊宝殿の中央に安置されている。「国宝第1号」に指定され、日本に所在する仏教彫刻のうち最も著名なものの一つ。 作風などから朝鮮半島からの渡来像といわれ、7世紀頃に作られたものといわれる。 しかし1968年、大きく抉られた内繰りの背板に楠材が使用され、背部の衣文もこれに彫刻されていることが判明した。 この像の右の腰から下げられた綬帯(じゅたい)は、以前から楠木であることは知られていたが、これは後に付加したものとして考慮されていなかったが、二箇所の、特に背板に楠材が使用されていることは、楠が朝鮮半島では自生してない為、これが日本で造像され..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。