木の話(改定1108月)

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数50
閲覧数210
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    木は、我々日本人の底辺の位置づけと思ってます。その樹種が---自分の勉強のためです。ご指摘とアドバイスが頂ければ幸いです。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    日本の主な樹種と木材  H・B
    1) すぎ 【杉・椙】 Japanese cedar スギ科スギ属の常緑針葉樹  学名: Cryptomeria japonica
    【親しみ深く清楚。植林№1】
    ● 古代から現代まで、日本人が最も多く利用している木。 弥生時代の登呂遺跡から杉の柱が多数発見されている。
    ○分布: ● 日本特産の代表的な樹種で、本州北部から南は屋久島まで生育。人工植栽は北海道南部にまで及び、その量は第一位である。 
                                人工造林地‐‐‐‐‐吉野(奈良)・日田(大分)・天竜(静岡)・飫肥(宮崎)・智頭(鳥取)・尾鷲(三重)
    ○木材面: ● 心材 ==淡い紅色(赤心)~赤褐色~黒褐色(黒心)。 辺材 == 白色。
         木理は通直。肌目粗い →→ 飾り気の無い材質 ==日本人の文化思想 → 共通した表現によく利用される。
         「清貧の思想」 = 「清楚で慎ましやかな生き方」と一致。 人の美意識を研ぎ澄ます感覚を覚醒させる要素を持っているか?
    ○特徴: ● 気乾比重0.38 = やや軽軟 === 加工..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。