教育心理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数79
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    教職課題原論心理指導案教育

    代表キーワード

    教育心理

    資料紹介

    大学課題などに役立ててください。
    もちろんこのレポートで単位取得しました。
    あくまで学生が作成したので完璧ではないjことを
    先にお伝えしておきます。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育心理学
    今までの多くのことを講義で学んできたが、その中で、自分自身が受けてきた教育を振り返るとあてはめられるものがいくつか存在した。そのあてはめられるものを自分の経験にあてはめて展開していこうと思う。
     まず一つ目に、発達段階で述べられている思春期についてである。思春期といえば様々な困難があるだろう、例えば、心と体のアンバランス、親への依存と反発、自己評価の囚われ、集団での孤独と不安などの困難が存在する。思春期というものは、ほとんどの人が12歳から18歳にみられるものである。そして、思春期の頃は、傷つきやすく、言われたことを鵜呑みにしてしまう傾向があると思う。心と体のアンバランスというものは、性同一性の問題や自分の性的な変化への恐怖というものがある。これは、私にも言えることだが、私は中学一年生の時に、上記に述べたような自分の性的な変化への恐怖を感じた。急に、身長が伸びはじめたり、声が変わるなど今までに感じたことない変化にびっくりしたことを覚えている。もちろん、思春期真っ只中の私は、恥ずかしいという気持ちから、誰にも相談出来ないこともあった。ほかの人はどうなのだろう。と思うことさえあ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。