家族関係論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数239
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    署名:夏化粧
    著者:池上永一
    出版社:角川文庫
    出版年:平成22年5月25日(2006年6月に、文春文庫より刊行された作品を二次文庫化したものです。)
    内容紹介:物語の舞台は石垣島。
    産婆に「母親以外には見えない」というまじないをかけられ、本当に母親以外に見えなく
    なった息子の姿を取り戻すために奮闘する若い母親が主人公です。
    その息子の姿を元に戻すには、母が彼にかけた七つの願いを取り戻さねばなりません。
    そしてその方法は、彼女自ら陰(いん。生き霊みたいなもの)の姿になって、同じ願いを
    かけられている人物から奪いとるという残酷なことだったのです。
    その願いの一つ目が「東京ドームでコンサートしてほしい(ミュージシャンになる夢)」で
    した。
    男の子の願いを奪えた母親は次に、「オリンピックで金メダルとってほしい(選手になる
    夢)」という願いを奪おうとした。
    ですが、黒人女性でオリンピック選手ということもあり大きな怪我をしたのですが、どう
    にか奪うことができ、その次の「映画スターになってほしい」という願いも華麗な体をう
    まく使い奪うことができました。
    ここまでは、願いを奪うことは心の痛みも感じず..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。