LCフィルタ

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数452
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    LCフィルタ
    1、実験概要
    フィルタとは種々の周波数成分が重ね合わされた信号から、特定(範囲)の周波数成分の信号成分のみを取り出す働き、あるいは特定(範囲)の周波数成分の信号のみを取り除く働きをする回路網の総称である。本実験の目的はフィルタのうち最も基本的なLCフィルタの動作原理を理解することである。
    実験は3つ行う。3つのフィルタを作り、その動作減衰両を測定することである。フィルタについて、実際に回路を組み上げ、動作を確認することでLCフィルタに対する理解を深める。
    2、原理
    2-1.LCフィルタ
    フィルタとは、様々な周波数成分が重ね合わされた信号から、特定範囲の成分の信号のみを取り出す、または取り除く働きをする回路のことである。
    LC回路は、その共振周波数で振動する電力を蓄えることができる。コンデンサが電極板の間の電場に蓄える電力は、そこにかかる電圧によって変化する。コイルが磁場に蓄える電力は、そこを流れる電流によって変化する。電力を蓄えたコンデンサとコイルが連結されていると、電流がコイルに流れはじめ、そこに磁場が形成され、コンデンサにかかる電圧が低くなっていく。最終的にコンデンサ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。