直流回路

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数552
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    直流回路
    【実験概要】
    ○目的
    測定を通じて直流回路の理論(オームの法則、合成抵抗、キルヒホッフの法則など)、を実際に検証する。実験は市販の凡用測定器を用いた単一の抵抗測定、直流抵抗回路やホイーストンブリッジ回路を用いた抵抗値や電圧値の測定、および非線形抵抗の代表例である小型の白熱電球(豆電球)の電圧・電流特性の測定からなる。以下では簡単のために直流電圧、直流電流を単に電圧、電流という。
    ○背景
    交流と直流
    電気と一口に言っても、私たちの身近にある電気といえば、壁のコンセント(100、または200V)と乾電池である。同じ電気でも、この二つは根本的に違う。電圧の違いではありません。壁のコンセントは交流であり、電池は直流である。電気の種類を大きく分ければこの2種類になる。直流とは乾電池、自動車のバッテリーのように電圧は常に一定である。乾電池は1.5V、自動車のバッテリーは普通は12Vである。もっとも使っているうちに電圧は次第に低くなっていく。
    図1:電圧の変動
    これに対して交流は図1のように時間に対して一定の周期で電圧が変動する。家庭用交流電源の場合、静岡県浜松市より西では60Hz、東では..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。