パルス回路

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数10
閲覧数2,153
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    パルス回路
    【実験概要】
    ○目的
    1、オシロスコープの使用方法
    2、CR回路
    3、パルス回路
    ○背景
    オシロスコープを使った電圧の測定原理を学ぶ。
    ○内容
    1、オシロスコープの操作方法とグラフの読み方を学ぶ。
    2、CR回路の微分回路と積分回路の波形を確認。
    3、無安定マルチバイブレータ(パルス回路)の波形を確認。
    ○結論
    1、オシロスコープの取り扱いを学ぶ。電気信号の波形を観察、その振動数、電圧、位相などの測定。
    2、CR回路の微分・積分回路の入力電圧と出力電圧を測定、記録し時定数を求めた。
    3、パルス回路の入力電圧と出力電圧を測定、記録し、測定値と計算値の差を求めた。
    【原理】
    オシロスコープは物理量の時間的変化を測定する装置である。内部にある電子銃から電子ビームを発し、それを偏向させて蛍光のぬってあるガラス外管に映し出す。CR回路とは、コンデンサー(Condenser)と 抵抗(Resistance)を直列につないだ回路のことである。微分回路とは、入力波の微分形が出力になる回路のことである。積分回路とは、入力波の積分形が出力になる回路のことである。パルス回路とは、パルスの発生と変換..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。