R0714 国際政治学 第2設題 B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数382
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    以下の事例から1つを選択し、それぞれの政策領域について政治の論理と経済の論理がどのように作用しているのか具体的に論じなさい。
    (1)安全保障(2)貿易(3)金融(4)科学技術(5)移民(6)経済発展と人権・民主化(7)地球環境問題
    選択する事例:(7)地球環境問題
    現在、様々な地球環境問題の解決を巡って、国際関係の至る所で議論が交わされている。人類共有の地球環境問題の中で、最も深刻な問題なのが地球温暖化問題である。本稿では、地球温暖化問題が発生した原因とその背景、問題の解決への国際社会の取組みについて考察し、その際に、政治・経済の論理がどのように関わりを持っているのかを明らかにしていく。
    (1)原因とその背景
    地球の大気の気温は二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの働きによって保たれており、地球温暖化問題はこの温室効果ガスの濃度が高まり、大気の気温の上昇によって気候変動が生じ、極地などの氷が溶け、海水温の上昇による海水の膨張などによる海面水位の上昇を引き起こし、生態系全体に重大な影響を及ぼすとする問題なのである。
    この問題には、20世紀における人口爆発と人間活動の拡大という原因が大き..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。