Z1305 教科教育法地理歴史 第1設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数344
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学習指導要領・地理Bの内容(3)の「ク 民族、領土問題の地域性」の授業のあり方を、あなたの経験・テキストpp.12にある3つの社会科観・p.50にある「北方領土は誰のもの?」の授業に関連させて説明しなさい。
     学習指導要領の地理Bの目標として、「国際社会に主体的に生きる日本人としての自覚と資質を養う」とある。現在の国際社会はヒト、モノ、カネ、情報が行き交うグローバル化社会であって、地球環境問題やギリシャなどの財政破綻、世界的な所得格差など様々な課題を抱えており、第二次世界大戦後の高度経済成長期のような未来に希望を持つには厳しい社会となっている。
    そうした社会の中で主体的に生きていくには、知識を得て、その知識を手段としてどのように活用していくかを考え、そして活用する上で必要な資質、つまり能力や態度を養っていくことが重要である。その知識と、知識を手段としての活用方法の獲得の手助けとなるが社会科である。すなわち、これからの社会を生きていく上で知識として、手段として活用方法が地理、歴史、現代社会、政治・経済といった教科を学ぶことによって獲得できるのである。社会科を学ぶことで、必要な知識と歴史認..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。