R0712 社会学概論 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数406
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    歴史日本経済文化宗教社会社会学問題

    代表キーワード

    社会学概論R0712

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    多文化共生社会の現状および問題について述べよ。
     多文化共生社会には歴史の流れのなかで形成されてきたものと、経済活動のなかで形成されてきたものの二種類が見られる。
     歴史の流れのなかで形成されてきた社会は数多くあり、その代表例としてアメリカやカナダなどがある。アメリカやカナダはその過去には州が成立する前に、その地域を様々な国家が植民地として統治していた時代があった。カナダのケベック州のように、その植民地時代の言語や文化、または宗教や生活様式を現在も引き継いでいる州も存在し、ひとつの国家のなかで異なる文化が共生している社会を形成している。また、カナダはフランスとイギリスとに植民地として支配されてきた歴史的背景から、英語とフランス語の二種類が公用語して使われており、多文化主義の一端を見ることができる。
     このように過去に植民地として他の国家から統治を受けていて、その後独立を獲得して国家として成立している国は多い。特に帝国主義による植民地や勢力圏の拡大はすさまじく、東南アジアやアフリカの多くの地域はその当時の列強の統治下に入れられた。帝国主義の考え方のなかには、西洋から見てのオリエント(東方..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。