人権(同和)教育 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数179
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    人権日本歴史憲法差別経済社会子ども同和

    代表キーワード

    人権

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括し、同和(人権)教育の
    意義と学校における同和教育実践のあり方を具体的に論述すること。」
     日本社会の歴史によって構築された身分階級から生み出された差別が部落差別である。日本による差別は、歴史的に見てもわかるように昔からあった。反差別の闘いを組織化し、運動まで至り発展されてきた。
    運動の発展と意識の変化の中で「同和教育」が誕生した。その意義と重みはとても大きい。
    第2次世界大戦後の日本は、1947年5月に、平和、民主主義、基本的人権の尊重を柱とした日本国憲法が誕生した。日本国憲法には「すべて国民は法の下に平等であって、人権、信条、性別、社会的身分、または門地により政治的、経済的または社会的関係において差別されない。」(第14条)。この憲法の基本的な精神は「世界人権宣言」と同じものであった。その後、部落解放委員会が結成され、差別撤廃の闘争と部落大衆の生活を擁護する闘争を主に解放運動を再開していったのである。
    そして、「すべての国民は法律の定めるところにより、その能力に応じてひとしく教育を受ける権利を有する。」(第26条)また、教育基本法には、「すべて国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。