生涯教育論 第2設題 原稿

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数485
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    発達経済社会課題学校文化人間学習問題

    代表キーワード

    生涯学習概論人間

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ハヴィガーストの発達課題の意義をまとめ、さらにステージ
    理論の概要とその今日的な問題点について論述せよ。」
    「教育」は、学校における教育というイメージが強く、発達について
    も青年期で止まるという見方から、教育においても青年期まで必要という考えがあったが、それは誤解であり、実際、人が生まれてから死ぬまでの間に発達、成長はし続けているという。人間にとって生まれてから死ぬまで教育を受けることが重要である。それは、人には、成長が段階的に発達するという理論があげられているからである。
    その理論には「ステージセオリー」と「ノンステージ」的な考え方があり、「ステージセオリー」というのは、同じ時代、同じ文化であれば、年齢によって似たような問題が出ても変化を迎え成長していくということを意味する。「ノンステージ」というのは、年齢というよりは、出くわす出来事を重視する考えのことである。人はいくつかの変化の段階を迎え、それらを克服し成長し続けるということである。
     人間には発達に応じた課題があるということを「発達課題」という。
    発達課題という考えは、アメリカの教育学者ロバート・R・ハヴィガースト氏が『人間の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。