生涯教育論 第1設題 原稿

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数209
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ラングランの生涯教育理念とそれが受け入れられた社会的
    背景についてまとめよ。さらにあなた自身が強く思う生涯
    学習体系への移行の必要性を、具体例をあげて論述せよ。」
    生涯教育は、一人一人の人間が人間として生きていくための教育を受ける権利はいつの時代においても同じであり、古代からの生涯教育は存在してあり、生涯を通して教えを学び、心の支えを生活の中で見出すこと、個人修養が生涯教育の考えであったが、私的教育の面が強かった。
     1960年以降、科学技術の革新が、経済、社会に大きく影響を与え、社会背景が大きく変わり、急変する社会に対応できる能力を身につけることが求められるようになったのである。第2次世界大戦後、衣食住の確保や医学の向上、家電機器の普及など、豊かな生活により、人々の平均寿命が延び、ゆとりの増加を、自己実現や自己創造など、時間に費やすといった人々の生きがいや自己実現に対する欲求が高まってきた。
    または、受験競争の激化、学業不振児や非行問題の増加、学歴主義の進行など、教育の歪みが家庭や社会に大きくダメージを与えたのである。この教育問題を解決するための教育理念の創出を求められるといった社..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。