生涯学習概論 設題2 原稿

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数3,524
ダウンロード数52
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

      「自分の住む地域の生涯学習を、成人期の学習課題、および
    生涯学習の方法、形態、評価の視点から検討し、課題を述
    べよ。」
    21世紀は、高度情報社会、グローバリゼーション社会、高齢化社会など多種多様で複雑な時代と言われている。社会背景も激しく変化しつつある。そんな現代に生涯学習の意義はとても大きく、我々にとって、なくてはならない存在である。
    「人々が、生涯のいつでも、自由に学習機会を選んで学ぶことができ、その成果が社会において適切にされるような社会」を生涯学習社会という。学校終了後にたえず新たな知識、技術の習得の必要性と、自己実現が生涯学習の必要性を促している。その上で、社会的背景として、科学技術の高度化、情報化、国際化、高齢化、価値観の変化と多様化、男女共同参画社会の形成、家庭や地域の変化などがあげられ、生活水準の向上や、自由時間の増大、高齢化の進行など、社会の成熟化に伴い、国民の価値観や生活様式が多様化し、生涯学習の必要性が高まってきている。
    さて、人は約80年の寿命の時代とも言われ、その生涯には、乳児期、幼児期、児童期、青年期があり、それは発達段階に関するが、その後の成人期、高齢..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。