教育史 第2設題 原稿

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数377
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ペスタロッチの教育思想について述べよ。」
    ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチは、スイスの教育の先駆者の一人であり、教育改革者であり、なおかつ博愛主義者であった。
    ペスタロッチ氏は1746年1月12日、スイスのチューリッヒに生まれた。父を早くに亡くし、貧しい生活でありながらも、母と家政婦、二人の女性の手で育てられ、牧師である祖父のところによく行き来し、貧しい人々の救済にあたった祖父の愛情深い姿を見て育った。ペスタロッチ氏の愛情深い人間性はそこから成り立ったものである。ペスタロッチ氏は幼い頃、裕福な子は学校に行き、貧しい子どもは働き、充分な教育を受けることができない、ヘンク村とチューリヒの子どもたちの境遇の違いを知り、心を痛めた。この人たちを救いたいという想いからペスタロッチ氏の生き方はそこから始まったとされる。ラテン語学校を経て、人文大学へ、神学のため入学し、貧民救済のため宗教ではなく法学を学ぶことが重要と悟り、政治改革のため政治運動に関わるが、その後農業改革による人々の救済を目指し、農民となる。土地を購入し、ノイホーフ農場、貧民院を創るが、土地天候、経済困難のため閉鎖へ。その後、文筆活..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。