運動とストレスの関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数547
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    保健体育

    代表キーワード

    保健

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「運動とストレスの関係およびストレスのスポーツによる弊害について」
    一般に、ストレスとは、体に害のある、肉体的、精神的等のいろいろな刺激を受け、肉体的、精神的にダメージを受けた状態をいう。つまり、「悪いストレス」である。
    人は気候が変わればそれに適応し、飲み水が変わればそれに適応し、心理的なショックを受ければそれに適応していく、そうした環境に適応していく時にストレスを感じる。
    つまり、生きている限りストレスは続くといえる。では、運動することにより、刺激を受け感じるのは、どういったストレスだろうか。
    運動、スポーツそのものは人を健康にするものである。しかし、その取り組み方によっては、肉体的、精神的に害になることもある。スポーツをすることにより、過労、不安などのため肉体的、精神的にダメージを受けた状態を感じることは「悪いストレス」といえる。「悪いストレス」が、たまることにより、スポーツによって起こる弊害に「オーバートレーニング」「燃え尽き症候群」「摂食障害」などがある。
    「オーバートレーニング」
    運動、トレーニングを継続して行っているとき、生理的な疲労が十分に回復しないまま続けてしまい、過..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。