色彩の感情効果の分類と特徴について

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数781
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    色彩

    代表キーワード

    色彩

    資料紹介

    色彩学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「色彩の感情効果の分類と特徴について」
    色は心理的影響を与えるため、色には感情があるといわれている。色には、識別の働きと情動の働きとがある。識別の働きとは、色がサインとして作用し、そこからある感情が生じる働きである。また、情動の働きとは、色自体が直接に感情的な反応を引き起こす働きであり、感情効果である。色の感情効果は、「知覚感情」と「情緒感情」に大きく分類して考えられる。
    「知覚感情」は、人の視覚系の本来もっている特性にもとづくもので、全ての人がもつ感情効果であり、「固有感情」とも呼ばれる。「情緒感情」は、好きや嫌いなどの個人差がある感情効果であり、「表現感情」とも呼ばれる。
    「知覚感情」でもっとも代表的なのは「色の寒暖感」であり、「暖色と寒色」(図1)という温度感である。暖色は暖かく感じられる色、寒色は冷たく感じられる色のことをいう。暖色系は太陽や火を連想させる赤、橙、黄などで、寒色系は水、氷などを暗示させる青、青緑、青紫などである。同じ室内の温度でもオレンジのカーテンとブルーのカーテンではオレンジの方が暖かく感じられる。また、どちらとも言えない色もあり、緑や紫は「中性色」といい、他..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。