著作物の広がりについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数277
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    著作権著作物

    代表キーワード

    著作権

    資料紹介

    参考文献:著作権法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「著作物の広がりについて、自分の分野を視野に入れてまとめなさい。」
    著作物とは、思想又は感情を創作的に表現したものであり、文芸、学術、美術、音楽の範囲に属するものをいう。著作物として保護されるためには、①「思想又は感情」、②「創造性」、③「表現したもの」、④「文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」、の4つの要件を満たす必要がある。
    ①著作物として保護されるためには、「思想又は感情」を表現したものであることが必要である。列車の料金表・時刻表など、「思想又は感情」とはいえない単なる事実を表したものは著作物とはならない。「思想又は感情」の意義は厳格にとらえる必要はなく「かんがえ」といった広い意..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。