映画と関わりの深かった小説家

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数392
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    映画小説

    代表キーワード

    映画小説

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「映画と関わりの深かった小説家について論じなさい。」
    アメリカの小説家、フィリップ・K・ディック(1928~1982)はアメリカのSF作家である。ディックは1978年に英国SF協会賞を受賞し、映画「スキャナー・ダークリー」(2006)の原作となった「暗闇のスキャナー」など、44編の長編に加え、「模造記憶」など、約121編の短編小説を多く書いている。
    ディックの小説は、政治と日常生活や消費社会の関係が実に巧みに描きだされているものが多く、彼の生み出す世界は、本物と偽物の境界線を失った仮想現実の世界が表現されており、ウェス・クレイヴンの「エルム街の悪夢」など、多くの作家に影響を与え、高い評価を得ている。しかし、残念なことにディックは、小説の「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」が、初の映画化作品となる「ブレードランナー」(1982)が完成する4カ月前に、この世を去ってしまったのである。そして、その後も彼の小説は数多く映画化されている。
    ディックの映画化された小説には、
    「トータル・リコール」(1990) 短編「追憶売ります」の映画化
    「スクリーマーズ」(1995) 短編「変種第二号」の映画..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。