S0606 美術概論Ⅰ リポート C評価 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数802
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    S0606 美術概論Ⅰ2012年度版のリポートです。全体の文字数や1行の文字数(32文字)や1ページの行数(25行)など、何度も再提出になりました。文字数はあってたんですが…。32文字25行の4ページぴったりにしてやっと合格しました。そしてC評価;;
    みなさんは大丈夫だと思いますが、文字数に気をつけてレポート作成頑張って下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0606 美術概論Ⅰ(2単位) 第1設題
    第1部.「平成20年版小学校学習指導要領・図画工作」についての概説(第5章の要約)
    2000-2003年に起こった深刻な学力低下の問題は、2000年、2003年の「OECD生徒の学習到達度調査(PISA)」で、原因が思考力・読解力の不足が根底にあると裏付けられ、遠因には、学習意欲の低下、不安定な生活習慣があるとされた。このため、2006年に教育基本法・学校教育法の改正がされ、基礎的な知識及び技能の習得と共に、自立的に課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力などの応用能力を身に付け、主体的に学習に取り組む人を育てることを目指す、となった。同じく、前述のPISAにおいても、基礎となる能力として、「コンピテンシー(competency)」つまり、知識・技能だけでなく、生徒に内在する資質を活用し、思考力・判断力により、複雑な課題の解決に対応できる能力の習得がねらいとされた。文部科学省でも、これを踏まえ、指導要領の基本概念として、「知識・技能の習得」を基礎に、先取り済みの「生きる力」を踏まえ、「思考力・判断力・表現力の育成」を育むため、授業時数..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。