Z1003 英語コミュニケーション 第1設題 A評価 リポート 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,323
ダウンロード数47
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    (Z1003)英語コミュニケーション (2014年対応) 第1設題のリポートです。A評価を頂きました。日本語訳がちょっとおかしいなと思ったところもありましたが、大丈夫だったようです。
    リポート作成の参考になさって下さい。

    (1)テキストの第一章”The Americans”から第六章”The Chinese”までを読んで、それぞれの内容に関する自分の意見を日本語で延べなさい。
    (2)次の設問にテキストの内容にそって英語で答えなさい。
    1. Q: Why are Americans sure that everybody likes them?
    2. Q: What is the reason why the Englishman cannot tell anyone that he is superior to the citizen of any other country?
    3. Q: Why do many children nap for three hours in the afternoon in Italy?
    4. Q: Why is Switzerland the only nation to out-German the Germans?
    5. Q: How are the Chinese restaurants different from Western restaurants?

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1003 英語コミュニケーション 第1設題
    テキストの第一章”The Americans”から第六章”The Chinese”までを読んで、それぞれの内容に関する自分の意見を日本語で延べなさい。
    第1章 親しみやすいアメリカ人。
    最初から、個人情報をさらけ出し、陽気に打ち解けるところは、善良で楽天的な良い国民性だと思っていたが、ビジネスや社交の人間関係を円滑に運ぶための、天性の社交辞令だと、知った。広大な多人種社会で必要な生活の知恵だとは思うが、調子が良すぎて、誠実さに欠ける印象を持つ。日本人の寡黙で不器用な自己表現法の方に好感を持つ。アメリカの国力・経済力・文化力を背景に、自分が好感を持たれると思うのは、単純愚鈍で、可愛い性格とは思うが、人間としては未熟で、深く誠実に交際したい相手とは思わない。アメリカ人にももっと謙虚で誠実な人格の人もいる、と思う。
    でも、イギリス人の自分の優越性を包み隠すという品位も、反面、傲慢で慇懃無礼であり、優越感の裏返しとも言える。アメリカにしろ、イギリスにしろ、さ
    らに日本にしろ、自己表現力に欠ける、と弱点と見られがちだが、その性格の良い面を生かし、その..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。