理科概論(S0614) 第1設題 A評価 リポート 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,541
ダウンロード数85
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度 理科概論(S0614)第1設題「電磁気学の基本法則を4つ述べ、それぞれがどのような法則か詳述せよ。
    また針金の中を電気が流れるときのオームの法則は、これらの法則からどのように導出されるのか。
    その原理を簡単に述べよ。」のリポートです。リポート作成の参考になさって下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「電磁気学の基本法則を4つ述べ、それぞれがどのような法則か詳述
    せよ。また針金の中を電気が流れるときのオームの法則は、これらの法
    則からどのように導出されるのか。その原理を簡単に述べよ。」
    設題[A]電磁気学の基本法則を4つ述べ、それぞれがどのような法則か詳述
    せよ。
    自然界に存在する電磁気学の基本法則はマックスウェルの4つの方程式で表わされるが、この方程式を現象面に展開すると次の4つの法則と
    なる。
    法則1:電気力のクーロンの法則
     自然界にはプラスとマイナスの電気が存在し、同種どうしは反発し合
    い、異種の電気は引き合う。このときの電気力Fは、電荷q・Qに起因
    し、クーロンの法則で示される。
     F = (1/4πε)・q・Q/ r2
     ε:誘電率
     q・Q:電荷の電気量
     r:電荷間の距離
    電気力Fは電荷の電気量q, Qに比例し、距離rの二乗に反比例する。
    法則2:磁気力のクーロンの法則
     磁石にはN極とS極があり、同種どうしでは反発し、異種どうしでは
    引き合う。このときの磁気力Fは、磁石の磁気量m・Mに起因し、クー
    ロンの法則で示される。
     F = (1/4πμ)・m・M/ r2
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。