教育相談の研究(S0534) A評価 【2014年度対応】 リポート 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数570
ダウンロード数14
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    【2014年度対応】 教育相談の研究(S0534) 第1設題「学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。」のリポートです。横32文字で101行です。A評価で、「学校カウンセリングにおける教師とスクールカウンセラーそれぞれの取り組みのポイントがよく述べられている。」と評価頂きました。リポート作成の参考になさって下さい。横書きのほうが見やすいので横書きでアップしましたが、実際のリポートは縦書きですので注意してください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べな
    さい。』
     学校カウンセリングとは、教師やスクールカウンセラーによって行わ
    れるカウンセリングのことでである。現在、学校現場では、いじめや不
    登校、学級崩壊、非行などの問題が増加している。その背景には、家庭
    での偏った生活習慣、教育力の低下などが指摘されている。そういった
    家庭環境で育った子どもは、人間関係を築く能力や学校の授業に集中力
    をもって参加する能力などが不十分であることが多い。そのような子ど
    もには、何かを教えるという以前に、まずその教育の枠にのれるような
    心の状態を育み、育てていくということが必要である。学校カウンセリ
    ングは、そういった問題に適切に対応するために、子どもたちの心情を
    深く理解し、適切な指導や援助を行っていくための一つの手段として、
    教育的なかかわりのみでなく、カウンセリング的なかかわりの重要性が
    求められるようになり、生まれてきたものである。
     人間の心は、超自我(理想の姿を求める心)・自我(自分の行動を決
    定する心)・イド(快楽を求める心)の三重構造によって成り立ってい
    る。これら三者のバ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。