教育原論(S0101)  第1設題 A評価 【2014年度対応】 リポート 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数347
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【2014年度対応】 教育原論(S0101) 第1設題「ペスタロッチーの教育学(直感の原理など)について考察せよ」のリポートです。A評価を頂きました。リポート作成の参考になさって下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『ペスタロッチーの教育学(直感の原理など)について考察せよ』
    はじめにペスタロッチーの生涯について触れておく。ヨハン・ハイン
    リヒ・ペスタロッチーは1746年スイスのチューリッヒに、外科医の
    息子として生まれた。5歳の時父を亡くし母と家政婦に育てられる。幼
    年期女性によって育てられたことは、後年教育における女性の重要性を
    説いたことに影響していると考えられる。1774年貧民院を設立し教
    育活動を始める。貧しい子どもたちに教育を施していたが親たちからも
    理解を得られず閉鎖された。1798年戦乱によって生じた孤児のため
    にシュタンツに孤児院が設立され、ペスタロッチーに委任された。特に
    貧しい子どもたちばかりであったが半年で彼らの健康や生活習慣の改善
    に成功した。しかし戦争によって閉鎖される。1801年に初等学校の
    教師となるがまた政変により追放される。1804年にイフェルテンで
    学校を開く。この学校は世間から非常に高い評価を獲得したが、182
    5年内部紛争の末閉鎖に追い込まれた。
     ペスタロッチーもルソーと同様に、子どもには将来発展する素質が備
    わっており、この素質が子どものうちから発展..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。