教育心理学 (S0105) 第2設題 【2014年度対応】 A評価 リポート 佛教大学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数706
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【2014年度対応】 教育心理学(S0105) 第2設題「適応・不適応の心理的機制、またそれからひき起こされる特徴的行動について説明せよ」のリポートです。
    A評価を頂きました。
    リポート作成の参考になさって下さい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『適応・不適応の心理的機制、またそれらからひき起こされる特徴的行
    動について説明せよ』
    心理学において、精神の正常性・異常性を判断する一つの指標として、「適応」がある。「適応」とは、主体としての個人が、その欲求を満足
    させようとして、環境の諸条件と調和するためにとる行動や態度の調整
    をする心理的機制のことである。「適応」は自分が生活や活動をする「環境」に対して行われるが、環境には、対人関係・家庭生活・学校生
    活・職場生活・集団行動などさまざまな要因がある。環境に適応してい
    る状態とは、これらに対して適切な行動や反応ができている状態のこと
    である。適応状態では感情や気分が安定し、自己効力感・自己肯定感・
    前向きな周囲からの評価などの特徴が見られる。人間が環境にスムーズ
    に適応している時には、その環境から肯定的な評価や反応を得ることが
    できるので、精神状態が安定しやすくなり、自分に自信を持ってその環
    境に居場所・アイデンティティを見つけやすくなるといえる。
     このような「適応」の様態に関して、その元にある人の行動を引き起
    こす「動機づけ」の種類、その対立に起因する不適応状態の「葛藤」や
    阻..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。