Z1103 教育心理学1 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数74
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題 児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達、対人関係(親・仲間))の拡がり、自己意識などがどのように変化するかまとめよ

    ※あくまで参考資料としてご使用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達、対人関係(親・仲間))の拡がり、自己意識などがどのように変化するかまとめよ。
     就学という環境の大きな変化を経験する児童期と、まだ成人でもなく子どもでもない複雑な青年期では、肉体的にも内面的にも大きな発達を遂げる。それらの時期における子どもたちの対人関係はどのように拡がり、また自己意識はどのように変化していくのだろうか。
     児童期の子どもは、今までいた世界とは全く違う集団という世界に飛び込むことになる。集団に参加するということは、周りがしていることに合わせたり、自分が集団において何らかの役割を果たしたりすることが求められることを意味する。そのような状況において、初め子どもたちは集団というものに戸惑うだろう。そして子どもたちは、そのような戸惑いや不安を解消するために、まずクラスのリーダーである教師と関係を結び、依存しようとする。しかし、この不安は次第に解消され、子どもどうしの関係を結ぶことに積極的になり、仲間関係の心理的な割合が親や教師との関係を超えるようになる。更に小学校中学年はギャング・エイジと呼ばれ、その特徴としては、子どもどうしで地..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。