Z1802 介護等体験研究 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数144
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題 なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのかを論述しなさい。

    ※あくまで参考資料としてご使用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    なぜ介護等体験が小学校・中学校の普通免許状の取得のために必要なのかを論述しなさい。
     平成10年度に「小学校及び中学校の教諭の普通免許状授与に係る教員職員免許法の特例等に関する法律」、通称「介護等体験特例法」が施行された。これに基づき、義務教育教員志願者に対して、社会福祉施設等において7日間の障害者、高齢者等に対する介護や介助、交流などの体験が義務づけられた。それではなぜ介護等体験が免許取得のために必要なのだろうか。本論では、その理由について考察することを試みる。
    まず具体的な理由であるが、さまざまな子どもたちが集まっている小学校や中学校では、障害のある子どもたちもいるため、教員になる前に介護等体験を通して、実際に障害のある子どもたちと接する経験は多いに役立つということが挙げられる。小学校の学習要領においても「障害のある児童などについては、児童の実態に応じ、指導内容や指導方法を工夫すること。特に、特殊学級又は通級による指導については、教師間の連携を努め、効果的な指導を行うこと。」というように、指導計画の制作に当たって配慮すべき事項として示されている。有効的な指導計画を制作するためには、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。