Z1104 教育社会学1 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数69
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    設題 学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行する教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。

    ※あくまで参考資料としてご使用ください。
    最後に参考文献を記載しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行する教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
    現代社会の特徴を現す表現として「学歴社会の崩壊」を用いることはごく当たり前のように思われるが、そもそも学歴社会とは何であるのか。また、学歴社会とよく混同されたり、学歴社会のように多様に用いられたりする言葉として高学歴社会というものがあるが、果たして両者は同じ意味なのだろうか。本論では、学歴社会とは何かを明らかにし、また、高学歴が進行する教育は、学力の視点においてどのように変化するかを考察する。
     まず、「学歴社会」とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」であると考えられる。学歴を配分の基準として考えるということは、「低学歴社会だが学歴社会」ということもありうる。また、社会的地位とは職業的地位と重なる側面もあるが、もっと広義であり、文化的地位なども含む。これに対して、「高学歴社会」とは、単に「高学歴者の多い社会」を意味し、あくまで数量的に多いということであり、高学歴社会を評価する社会であるとか、学歴が低いものを軽視する社会というわけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。