P6303 英文法 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数208
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    P6303 英文法 第2設題

    代表キーワード

    英文法P6303

    資料紹介

    設題 英語のpolitenessと日本語の「丁寧表現」を比較することによって、その類似点と相違点を具体例を通して明らかにしなさい。

    ※あくまで参考資料としてご使用ください。 レポートの最後に参考文献を記載しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    英語のpolitenessと日本語の「丁寧表現」を比較することによって、その類似点と相違点を具体例を通して明らかにしなさい。
     日本語の「丁寧表現」といえば、敬語に代表されるだろう。日本語の敬語は一般的には、尊敬語、謙譲語、丁寧語の3つに分類される。尊敬語は、相手を立てる時に使われる言葉である。相手を敬っている、尊重しているという気持ちをあらわすために使われる。謙譲語は、尊敬している相手に対して、へりくだって自分を表現する時に使い、自分がへりくだることで、相手を立てる表現である。丁寧語は、語尾を「です・ます」や「ございます」にするなど、相手を問わず、また内容を問わずに表現を丁寧にしたい時に使う言葉である。例えば、「行く」の尊敬語は「いらっしゃる」、謙譲語「参る、伺う」、丁寧語「行きます」になる。例文としては、尊敬語「会場へは何時にいらっしゃいますか?」、謙譲語「会場へ何時に参ります(お伺いします)」、丁寧語「会場へ何時に行きます」となる。
     このように、日本語は敬語体系を持つ言語である。それに対して英語は、そういった敬語体系が見られない言語である。しかし、英語にももちろんポライトネスの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。