P6301 英文学史 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数161
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    設題
    テキストの第1章「古英語・中英語の文学」、第3章「演劇が起こる」、第4章「シェイクスピア」、第6章「王政回復期」をまとめなさい。


    ※あくまで参考資料としてご使用ください。 レポートの最後に参考文献を記載しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     テキストの第1章「古英語・中英語の文学」、第3章「演劇が起こる」、第4章「シェイクスピア」、第6章「王政回復期」をまとめなさい。
    <第1章「古英語・中英語の文学」>
     英国において文学を生みだしたのは、アングロ・サクソン族である。彼らは言語を定着させ、後に文学を生んだ。その言語とは、「アングロ・サクソン語」であり別名「古英語」である。この言語で書かれたもっとも文学らしいものといえば「英雄叙事詩」、Beowulfであった。これは主人公の名前であり、若き英雄ベオウルフが怪物と戦う話である。
    1066年、ノルマン王朝が確立したことにより、言語もアングロ・サクソン語から、ノルマン系フランス語に変わった。これは古英語にかわる中英語のはじまりを意味する。この言語系の混交は、中世文学の英語や内容にも幅の広さを与え、作家の思想や、大陸文化との関係によって、いろいろ異なっている。たとえば、14世紀後半、頭韻と脚韻を組み合わせたかなり技巧的な詩形を駆使した中世特有の夢想寓意詩であるPearlや、中世にひろく流布したロマンス文学の一角を占めるSir Gawain and the Green Knightな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。