P6301 英文学史 第2設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数189
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題
    テキストの第7章「18世紀の散文、詩、劇」、第8章「小説の誕生、そして成長」、第11章「ヴィクトリア朝の小説」、第14章「戦後の文学」をまとめなさい。


    ※あくまで参考資料としてご使用ください。
    レポートの最後に参考文献を記載しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキストの第7章「18世紀の散文、詩、劇」、第8章「小説の誕生、そして成長」、第11章「ヴィクトリア朝の小説」、第14章「戦後の文学」をまとめなさい。
    <第7章「18世紀の散文、詩、劇」>
     18世紀英国ジャーナリズムの基本性格であるDefoe(1660-1731)の文学に端を発し、Addison(1672-1719)とSteele(1672-1729)は英国ジャーナリズムをさらに完成に近づけた。また同時に、それをエッセイ文学へと結びつけた。
     ジャーナリズムの誕生の他に、風刺文学の隆盛もあった。散文ではSwift (1667-1745)、韻文ではPope(1688-1744)が活躍した。SwiftはGulliver’s Travels(1726)で真の天才を開花させた。DefoeのRobins on Crusoe(1719)がフィクションなのに対してSwiftのこの作品はユートピア文学である。その根底は、人間の本質的価値を信じようとするヒューマニズムの精神である。
     生来虚弱で学校教育を受けなかったPopeは、独学で古典文学やイギリス文学を学んだ。An Essay on Critic..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。