P6305 米文学研究 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数266
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題
    『グレート・ギャツビー』に見られる感覚的な描写について、具体例を3つ以上挙げて、あなたの考えを述べなさい。

    ※あくまで参考資料としてご使用ください。
    レポートの最後に参考文献を記載しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『グレート・ギャツビー』に見られる感覚的な描写について、具体例を3つ以上挙げて、あなたの考えを述べなさい。
     フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』は、色の描写が印象的な作品である。本論では、村上春樹訳の『グレート・ギャツビー』を通して、本作品に出てくる多くの色の中、とりわけ白、黄、緑の3色に着目し、作中でのそれらの色が持つ意味を明らかにすることを試みる。
     まず、白について考察する。白は、本作品では他の色に比べて登場頻度も多い色である。一般的に白は、純粋、無垢、潔白などのイメージがある。本作品の第一章では、ニックがブキャナン邸を訪れた際、デイジーとベイカーが白ずくめという姿で登場している。この時点で真っ白な洋服に身を包んだ二人に読者が抱く印象は、一般的な白が表わす意味であるだろう。しかし、物語が進むにつれ、第一章の後半の方ですでに、デイジーの発言からは、純粋さというものが感じられない。例えば、デイジーの「女の子で嬉しいわ。馬鹿な女の子に育ってくれるといいんだけれど。それが何より。きれいで、頭の弱い娘になることが」(村上春樹訳39頁(以下頁数のみ表記))という発言である。一般的に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。