P6302 米文学史 第2設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数69
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題
    「 ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ。」


    ※あくまで参考資料としてご使用ください。
    レポートの最後に参考文献を記載しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ。
     「ロスト・ジェネレーション」の出所はヘミングウェイの代表作『日はまた昇る』(1926)の見返しに書かれた”You are all a lost generation.”である。この作品を中心に、大戦に参加してその体験を身に背負い、アメリカに帰国したのちふたたびヨーロッパに渡った作家たちが、ロスト・ジェネレーションとよばれた。以下、その代表の作家4人を取り上げる。
    スコット・フィッツジェラルド(Scott Fitzgerald, 1896-1940)
    第一次大戦後、アメリカの多くの若者は、理想を失い、物質的繁栄の華やかさと崩壊の不安のなかで生きていた。そんな若者の生きざまを描いたのがフィッツジェラルドである。大戦には参加しなかったが、この時代の作家として扱われている。
    ミネソタ州の古い都市セント・ポールに生まれた。学生時代から詩や小説を書き、学校新聞にのせたり、16歳でメロドラマを書き、自ら主役を演じた。プリンストン大学に進学してからは、ミュージカルの創作に没頭したり、詩を書いた。
    アメリカがドイツに宣戦布告をし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。