P6302 米文学史 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数89
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題
    「エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。」

    ※あくまで参考資料としてご使用ください。
    レポートの最後に参考文献を記載しています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。
    <エドガー・アラン・ポー>
     エドガー・アラン・ポー(1809-1849) はアメリカ出身の酒と麻薬と賭博と恋に耽った陶酔の文学の作者であった。愛と死と退廃美を音楽的な詩に歌った詩人であるが、貧しいために小説や評論なども書いた。貧困と飲酒と自己主張のために多くの人々に非難される生活を送り、アメリカ社会で彼の芸術が受け入れられることはなかった。しかし他国フランスでは高く評価され、生活のために書いた推理小説では後には巨匠と呼ばれるまでになった。
    ○短編
     ポーの短編小説は、ほとんどが雑誌に寄稿されたものであり、『怪奇幻想物語集』(1840)と『短編集』(1745)にまとめられている。彼の小説はだいたい①恐怖をねらったもの、②美的または詩的なもの、③推理ものの3種類にわけられる。①の作品としては『アッシャー家の崩壊』(1839)があり、現実と幻想の交錯するなかで恐怖の効果を狙っている。②としては、『影』(1835)、『沈黙』(1838)、③としては『モルグ街の殺人事件』(1841)が挙げられる。この作品はポーの初の推理小説であり、パ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。