第2部第15章、回転期間が資本前貸の大きさに及ぼす影響

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数36
閲覧数559
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    『資本論』第2部第15章、回転期間が資本前貸の大きさに及ぼす影響の学習会のレジュメ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    第2部 第15章 回転期間が資本前貸の大きさに及ぼす影響    2011.11.01 WY
    (1)15章と16章では回転期間が資本の価値増殖に及ぼす影響を取り扱う。
    (2)例えば、1労働期間が9週間である労働生産物=商品資本を取り上げる。
    固定資本の平均消耗によって生産物に付け加えられる価値部分も生産過程で生産物に付け加えられる剰余価値も無視することにすれば、この生産物の価値は、その生産の為に前貸しされた流動資本の価値に等しい。
    すなわち労賃の価値と、この生産物の生産に消費された原料および補助材料の価値に等しい。この価値は900psであり、毎週の投下は100psとする。周期的生産期間は労働期間と一致していて9週間である。
    ・その場合、この労働期間は一つの連続的生産物のための1労働期間だと仮定するか、それとも分離性の生産物のための一つの連続的労働期間だと仮定するかは、この分離性の生産物の一度に市場に供給される量が9週間の労働を必要とするものでありさえすれば、どちらでもかまわない。
    ・流通期間は3週間としよう。そうすれば、全回転期間は12週間になる。9週間たてば、前貸しされた生産資本は商品..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。