電気ストーブ化学物質過敏症罹患事故

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数243
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日大法学部、経営訴訟法という講義の中間レポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    電気ストーブ化学物質過敏症罹患事故(2)
    事件概要
      これは、平成13年1月、とある株式会社(Y)が中国から電気ストーブを購入し、
    大手小売業者の株式会社(A)に販売、Aが店舗販売をしていたところ、男性(X1)が
    電気ストーブを購入し、自宅に置いてX1の息子(X3)が使用したところ、使用開始から
    約1週間~10日後、手足の運動障害等の異常を感じ、病院を受診し治療を受けた。
    そのため、X1、その妻(X2)、X3がYに対して製造物責任、不法行為に基づき損害賠償を
    請求したものである。
    電気ストーブ化学物質過敏症別訴事件(2)の(2)とは、株式会社Yに対する訴訟であり、
    大手小売業者のAに対する損..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。