知的財産関係民事訴訟

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数160
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    日大法学部、民事訴訟法講義にて作成した期末レポートです。
    S判定をいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    知的財産関係民事訴訟の概要
    知的財産関係民事訴訟といわれても、ぱっとわかる人は多くないと思います。
    ではどんなものか、おおまかにまとめると大半は知的財産権の侵害をしたか否か、についての侵害訴訟が占めています。
    ここからは、産業財産権を侵害されたとする侵害訴訟があったことを前提にして、訴訟に関する準備から審理、審判までの流れを追って俯瞰していきます。
    まず、産業財産権とは
    特許庁で定めた産業財産権は、自らが所管する特許権、実用新案権、意匠権及び商標権を産業財産権としています。
    特許権・実用新案権は、発明品や、その構造に関する考案を独占できる権利であり、委託権・商標権は、有名な絵画や、企業のブランドロゴなどがその一例です。
    訴えの提起
    まずは権利内容と侵害態様を明らかにしないといけません。
    漠然とした認識のままで、権利侵害を訴えても…ということです。
    まずは自身の権利が影響を及ぼす範囲、そしてどう侵害されたのかを抑えないといけません。
    そのためにはまず、知的財産・産業財産に関する公報、それに関する資料などを整理し、まとめ、判断する必要があります。
    侵害論の審理
    訴えが提起されると、第一に、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。