租税法律主義とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,701
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    日大法学部の、税法Ⅰの講義にて提出したレポートです。
    A判定をいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    租税法律主義について
    まず、租税法律主義の原則は、憲法上の原理である。
    これは租税立法上の原理であると同時に、税法の解釈・適用上の基本原理である。
    租税法律主義の原則は、国税についての原理である。つまり、所与の税法秩序のもとでの税法解釈上の諸問題は、租税法律主義の原則をめぐる問題に帰する。
     日本国憲法第七章の「財政」、84条に、名分で「租税法律主義」の規定を設けている。これには、「あらたに租税を課し、または現行の租税を変更するには、法律または法律の定める条件によることを必要とする。」とある。
    また、30条、「国民の権利及び義務」において「納税の義務」の規定には、「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負う。」とある。この規定には、国民の納税の義務を憲法的に確認するものであり、同時に、この規定は国民の納税義務の限界、具体的な徴税権行使の限界をも明定している。
    これらを踏まえると、日本国憲法は、財政権力の側面と国民の納税義務の側面の双方から租税法律主義の原則を確認しているといえる。
    なお、「財政」では、国家財政に関するものであり、直接的には地方財政に適用されない。
     課税権につい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。