PL法とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数644
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    製造物責任法PL法

    代表キーワード

    PL法

    資料紹介

    日大法学部の経営訴訟法という講義にて作成したレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経営訴訟法レポート
    ~PL法~
    1.PL法とは
    PL法(平成6年7月1日法律第85号)とは、製造物責任法の英語版の略称(product liability)
    からとったものであり、正式には製造物責任法である。
    これは、製品の欠陥によって生命、身体または財産に損害を被った場合には、被害者は製造業者などに対して損害賠償を求めることができるという法律。
    1995年7月1日に施行された。
    2.PL法ができるまで
    PL法はいうなれば、世間の常識のような法律だが、制定される前は製品の欠陥で損害や、怪我など発生した場合、メーカーの不法行為責任を民法により訴えることが通例でしが、その場合訴える側がメーカーの過失を立証するする必要があり、情報が少ない被害者は立証が困難だった。
    しかし、PL法では、「製品の欠陥」により他人の生命、身体又は財産を侵害したときは、これによって生じた損害を賠償するという責任であると規定されている。
    つまり、欠陥と損害の因果関係が立証されればよくかり、立証の困難性が緩和された。
    3.意義
    損害賠償責任を追及する場合、民法の不法行為法における一般原則によれば、要件の一つとして加害者..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。