たいせつなものを犯罪から護るにはどうしたらいいか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数159
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    犯罪東日本大震災エッセイ

    代表キーワード

    大震災犯罪

    資料紹介

    日大法学部の哲学の講義中に提出したレポートです。
    S判定をいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    たいせつなものを犯罪から護るにはどうしたらいいか
    まず、たいせつなもの、という表現が曖昧なため、大切な者、として私なりに解釈して論じていく。
    では、大切な者を護るために、私たちはどう行動すればいいのか。
    窃盗・強姦・殺人等、犯罪の種類は様々である。
    犯罪者の思考は、大概自らの願望を満たす欲求にあり、誘拐・強姦・殺人と、他人に被害を及ぼす犯罪が多くを占めている。
    犯罪に対する対策はいろいろな方法があるが、それを日常的に実行している人はほとんどいないだろう。
    具体的にどうすればいいか、その費用は、面倒だから、と、理由をつけて自分は大丈夫だからと勝手な勘違いをしている人が多い、それが今の日本だ。
    その油断に、犯罪者の手が伸びていくのだ。
    ではどうすればいいか、以下その方法について述べる。
     よく目にする方法としては、個人の武装である。
    武装といっても、銃器やナイフなどを持つといったら本末転倒だが、そんなに仰々しいものではなく、催涙スプレーや防犯ブザーといった類である。
    実際に私もホームセンターなどに行ったとき目にする事があるが、今では様々な種類の防犯グッズが、カラーバリエーション込で店頭に並..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。