老人福祉論Ⅱ 第二課題第一設題 12.05.22(A)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数315
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。
    課題名「あたなの家族が寝たきり状態になり在宅生活が困難になったと仮定する。本人が在宅生活を希望した場合、在宅生活を困難にしている問題点を予想し、それを解決するためにはどのような社会資源が必要か、まとめなさい」
    【参考文献】
    「老人福祉論 第4版」福祉士養成講座編集委員会・中央法規・,2006,1,20
    「高齢者福祉論」社会福祉士養成講座編集委員会・第一法規

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
     もし、私の旦那が何らかの理由により寝たきりになってしまったと仮定し、その際に発生するだろう在宅生活における障害にはどのようなものが考えられるか、またそれらを解決するために私はどのような資源を利用すればよいのか、下記に具体的に述べる。
     まず、旦那は私と違い男性である。ゆえに、細身ではあったとしても背は180センチに近い。その身体を一日中横たえ、寝させておけるスペースのために6畳の部屋を一部屋用意しなければならない。マンションの3LDK住まいに子ども2人という我が家には、何とかして物をどかし、そのスペースを確保しなくてはならなくなり日々の生活にも不便が生じる。また、トイレや..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。