老人福祉論Ⅱ 第一課題第一設題 12.05.22(B)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数328
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。
    課題名「①ボランティア②非営利民間団体③シルバーサービス企業 ①~③のサービス供給主体それぞれの特徴や問題点、今後の課題についてまとめなさい」
    【参考文献】
    「老人福祉論 第4版」福祉士養成講座編集委員会・中央法規・,2006,1,20
    「老人福祉論Ⅱ」聖徳大学通信教育部・聖徳大学・H17,4,1
    「住民参加型の福祉活動」村田幸子・ぎょうせい
    「モニターファイル」http://www.e-kocho.pref.mie.jp/monitor/files/47_shakaihukusi・2012,5,8

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
     まず初めに、ボランティアのサービス供給主体と特徴、問題点、今後の課題を述べる。ボランティアとは「志願者」「有志者」という意味を持ち、自分の意思により無償で行う活動のことをいう。ここでは、ボランティア活動を行っている者の実態調査において、60歳代以上の高齢者の占める割合が最も高いことに注目し、高齢者が主体となって行うボランティアの特徴について考える。
    高齢者にとってボランティアとは、仕事を終えた後の人生を豊かにするための活動として捉えられていることが多い。高齢者が日常的に行う社会参加活動としてボランティアが存在し、その存在が高齢者の生活を充実させ、生きがいを持つことにつなが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。