老人福祉論Ⅰ 第二課題第一設題 12.04.27(A)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数377
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。
    課題名「高齢者保健福祉サービスは介護保険法施行によってどのように変わったのか、介護保険法施行前と施行後を比較しながら説明しなさい」
    【参考文献】
    「老人福祉論 第4版」福祉士養成講座編集委員会・中央法規・,2006,1,20
    「社会保障論 第3版」福祉士養成講座編集委員会・中央法規・2005,1,10
    「厚生労働省HP」厚生労働省・http://www.mhlw.go.jp/・2012.4.26
    「老人福祉論Ⅰ」聖徳大学通信教育部・聖徳大学・H17,4,1

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
     第一課題によって、わが国は少子高齢化により今後介護の担い手が家族から社会へとより移行を遂げることが考えられると述べたが、わが国では介護保険制度が、2000年に施行されたことによってどのような変化を遂げたのか、考察したいと思う。
    わが国では、介護保険制度が始まる前は医療保険制度による措置制度という制度がとられていた。措置制度とは、福祉サービスが市町村自らまたはその委託を受けたものに限られており、利用者はそのサービスを選ぶことが出来ない制度であり、サービス内容自体も画一的になりやすいなどの問題があった。また、所得調査が行われるため、心理的抵抗感も伴う制度であった。しかし、介護..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。