老人福祉論Ⅰ 第一課題第一設題 12.04.13(S)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数305
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。
    課題名「三世代世帯、高齢者夫婦のみ世帯、単独世帯はそれぞれどのような高齢者の介護問題が考えられるのか、世帯ごとに説明しなさい」
    【参考文献】
    「老人福祉論 第4版」福祉士養成講座編集委員会・中央法規・,2006,1,20
    「高齢者福祉論」第一法規
    「高齢者の生きる場を求めて」野村豊子・ゆまに書房
    「東京都北区公式HP」東京都・http://www.city.kita.tokyo.jp・2012,4
    「国立社会保障 人口問題研究所」http://www.ipss.go.jp・2012,4

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
     現在の我が国における、高齢者介護において高齢者が居住する世帯ごとにどのような問題を抱えているのかを考察する。まず、家族の基本形態は三世代世帯、夫婦のみ世帯、単独世帯に分けることができる。世帯の平均人員は昭和10年頃の5.02人をピークに減少し続けており、平成18年には2.65人になっている。これは、産業化やそれによる労働力の地域移動、出生率の低下、夫婦家族制の理念の浸透が考えられる。一方、家族構成の変化は65歳以上の高齢者のいる世帯数とその家族構成比の推移をみるとわかる。世帯数が増加し、65歳以上の高齢者がいる世帯の家族形態をみると、夫婦のみ世帯と単独世帯を併せると約半数..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。