精神保健福祉援助技術各論 第一課題 第一設題 10.05.11再7.10(C)

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数260
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。
    課題名「精神障害者を対象としたケースワークに関することについて、あなた自身の視点で論点を探し、それを論ぜよ」
    【参考文献】
    「精神保健福祉援助技術各論」精神保健福祉士養成セミナー編集委員会・へるす出版・2006,2,20

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一設題 第一課題
    「精神障害者とのケースワークにおいて留意すること」
    ケースワークとは、様々な問題を抱えて援助を必要としている個人に対して、問題の解決を図るために行う援助技術である。個人の抱えている問題に焦点をあてたとき、個人を取り巻く家族や近隣住民・職場の人々などの協力は不可欠ではあるが、ケースワークにおいて対象とするのはあくまでも個人である。
    ここでは、特に精神障害者を対象としたケースワークにおいて特別に留意すべきこととは何であるかを考え、述べることとする。
    精神障害者のケースワークにおいて、まず援助者はその障害の特徴を理解することが重要である。精神障害者は疾病と障害の線引きが難しく、障..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。