精神看護 第一課題 第一設題 12.10.11(A)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数262
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    大学社会福祉レポート看護学

    代表キーワード

    看護学

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。
    課題名「精神保健、心の健康、精神の機能と障害について理解したことを述べなさい」

    【参考文献】
    「こころの健康科学」仙波純一ほか・放送大学・2000,12,20
    「精神看護学Ⅰ」吉沼和哉ほか・ヌーベルヒロカワ・2010,2
    「厚生労働省HP」厚生労働省・www.mhlw.go.jp/・2012.10.9

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
     精神保健とは、以前には広く精神衛生と呼ばれていたものである。精神衛生の目的は、早期発見やリハビリテーションに重点が置かれており、病気になる前にできるだけその要素を排除するという予防的な志向が強いものであった。これに対して、精神保健は一般健康人の精神的な健康の保持と向上を目標に置いている。WHO(世界保健機関)の健康の定義は「健康とは、身体的、精神的および社会的に完全に良い状態を意味するものであって、ただ単に病気や虚弱でないというだけではない。」とされている。これは、人の精神的な健康というものが、単に疾患にかかっていないというだけでなく、社会の中で適応した生活を送れている状..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。