精神保健福祉援助技術総論 第1課題 第1設題(C)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数530
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。
    第一課題第一設題「精神保健福祉ソーシャルワークの共通基盤について論ぜよ」
    評価C
    【参考文献】
    「ソーシャルワーク入門」 野村豊子他 有斐閣
    「精神保健福祉援助技術総論」精神保健福祉士養成講座編集委員会 中央法規
    「社会福祉援助技術」福祉士養成講座委員会 中央法規
    「社会福祉原論」精神保健福祉養成センター へるす出版
    「精神科ソーシャルワーク」住友 雄資 中央法規

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    「共通する基盤はあるのか」
    1900年代初頭アメリカにおいて専門援助方法として最初に登場したのが「ソーシャル・ケースワーク」であった。そして、専門機関などで教育を受け「ケースワーク」の援助方法を習得した専門家を「ケースワーカー」と呼んだ。その援助の目的はクライエントである「個人」を対象にしたものだった。一方、「個人」を援助するのではなく、「集団」を援助対象におく「ソーシャル・グループワーク」が独自に発展した。その後、その動きは地域にまで向けられ、地域レベルによって援助しようとする「コミュ二ティーワーク」の独自な発展に及ぶこととなった。
     このように、各専門職による援助活動は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。