精神保健学:第2課題、第1設題(B)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数742
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。
    第二課題第一設題「成人期の精神保健について社会的役割行動の面から記述しなさい」
    評価B
    【参考文献】
    「精神保健福祉論」精神保健福祉士養成講座編集委員会 中央法規

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
     人生の中で最も長い期間が成人期である。成人期の人間の心身は発達し続け、ついには成熟に達する、人生で一番活動性の盛んな時期である。成人期は成人前期(社会人として巣立ちの時期、社会活動を始める)、成人中期(壮年期、家庭を形成する)、成人後期(壮年後期、人生の折り返し)とに分けられる。ここでは、それぞれの時期における社会的役割行動とは何か、精神保健はそこにどう関わっているのかを述べる。
     まず、成人前期では職業・経済的自立がある。一人前の社会人として社会に必要な存在になることである。そのためには自分が希望する仕事を得ると決断するときは、自己信頼感に基づいた自尊心がなければならな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。