精神保健福祉論 第4課題  第1設題(A)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数406
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。
    第四課題第一設題「精神保健福祉法の改正(平成11年)n要点について記述せよ」
    評価A
    【参考文献】
    「精神健福祉論」精神保健福祉士養成講座編集委員会 中央法規

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第4課題 第1設題
    1998(平成10)年3月に,公衆衛生審議会精神保健福祉部会に「精神保健福祉法に関する専門委員会」を設置し,同年9月に報告書が取りまとめられた。さらに,同報告書をもとに公衆衛生審議会精神保健福祉部会において,引き続き精神保健福祉法の見直しについて審議がなされ,1999(平成11)年1月に精神保健福祉法の見直しの方向を示す公衆衛生審議会の意見書「今後の精神健福祉施策について」が取りまとめられた。
    平成11年の精神保健法の一部改正では、人権に配慮した医療、精神障害者の移送に関する事項、保護者の義務の緩和、保健福祉の充実などが要点となっている。下記にそれらの要項を詳しく示すことと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。